• HOME
  • 研究成果報告

研究成果報告

研究成果報告

【平成27年度】[平成28年度] [情報公開]

敬称略
職名及び所属機関は平成28年3月時点のもの
採択番号順

化学・食品化学分野

研究者所属機関研究課題PDF
ダウンロード
南 豪
助教
山形大学 大学院
理工学研究科
ヒスタミン応答型有機薄膜トランジスタを用いた
簡易な食品管理法の開発
要旨
(2017-01)
木下 奈都子
助教
筑波大学
生命環境系 生物圏資源科学専攻
モニター植物による予防型農業: 
早期ストレス検出のための基盤 技術の開発
要旨
(2017-02)
松本 浩一
講師
近畿大学大学院
理工学部理学科化学コース
電気化学を用いたチオクロマン類の
直接合成法の開発
要旨
(2017-03)
松原 亮介
准教授
神戸大学大学院
理学研究科 化学専攻
有機化学的アプローチで神経疾患の克服に挑む 要旨
(2017-04)
中 寛史
助教
名古屋大学
物質科学国際研究センター
分子触媒研究分野
脂肪族アルコールの光触媒変換に
基づく有機合成
要旨
(2017-05)
檜井 栄一
准教授
金沢大学
医薬保健研究域薬学系
薬理学研究室
和食用食材含有成分ポリアミンによる変形性 
関節症予防効果の 検討
要旨
(2017-06)
小林 謙
准教授
北海道大学 大学院
農学研究院 応用生物科学専攻
酪農食品科学研究室
泌乳期乳腺の乳成分産生を調節する
メントールに関する研究
要旨
(2017-07)
作田 絵里
准教授
長崎大学 大学院
工学研究科 物質科学部門
錯体化学研究室
分子間相互作用による発光波長制御を
利用した新規遷移金属錯体の創出
要旨
(2017-08)
道信 剛志
准教授
東京工業大学 大学院
理工学研究科 有機・高分子物質専攻
高分子科学講座
有機高分子から成るフレキシブルな
グルコースセンサーの開発
要旨
(2017-09)

芸術学分野

研究者所属機関研究課題PDF
ダウンロード
富田 大介
准教授
追手門学院大学
社会学部 社会学科
ニューカレドニア・カナクの現代舞踊における
「芸術」の意義
   - Wetr Kréation の考察を通して-
要旨
(2017-10)
村田 隆志
准教授
大阪国際大学
国際教養学部 国際観光学科
上方文人文化の牽引者 
山本竹雲の生涯とその芸術
要旨
(2017-11)

体育学分野

研究者所属機関研究課題PDF
ダウンロード
仰木 裕嗣
教授
慶應義塾大学 大学院
政策・メディア研究科
大腿義足者の膝継手に作用する力の解析による
歩行指導法の確立
要旨
(2017-12)
宮本 直和
准教授
鹿屋体育大学
スポーツ生命科学系
ストレッチングにより関節柔軟性が向上する機序の
解明
~目的に合致した効果的なストレッチング法の確立
に向けて~
要旨
(2017-13)
加藤 貴雄
助教
京都大学
医学部付属病院循環器内科
2 型糖尿病患者の骨格筋ミトコンドリア機能を
ターゲットにした 運動療法プログラムの開発
要旨
(2017-14)

平成26年度

研究者所属機関研究課題PDF
ダウンロード
南 豪 山形大学大学院
理工学研究科
ヒスタミン応答型有機薄膜トランジスタを
用いた簡易な食品管理法の開発
要旨(1)
木下 奈都子 筑波大学
生命環境系 生物圏資源科学専攻
アブラナ科における長鎖非コードRNA を介した
乾燥耐性機構の進化的保存性の解明
要旨(2)
松本 浩一 近畿大学大学院
理工学部理学科化学コース
電気化学を用いたチオクロマン類の
直接合成法の開発
要旨(3)
富田 大介 追手門学院大学
社会学部 社会学科
ニューカレドニア・カナクの現代舞踊における
「芸術」の意義
   - Wetr Kréation の考察を通して-
要旨(4)
仰木 裕嗣 慶應義塾大学
政策・メディア研究科
大腿義足患者の膝継手に作用する力の解析
による歩行指導法の確立
要旨(5)
太田 貴大 長崎大学大学院
水産・環境科学総合研究科
ソーシャルマーケティングを活用した森林
環境税改善のための基礎的研究
要旨(6)